令和2年12月より、道の駅「若狭熊川宿」での越前和紙関係商品の委託販売をさせていただくことになりました!嶺南地区での販売は初めてなので、これから広がっていければ嬉しい限りです。

越前和紙で作ったマスクケース:横長タイプ、二つ折りタイプの2種類、そして中に入れるところは、袋タイプと帯タイプの種類があります。帯タイプはマスクが大きくなってきているので、厚いマスクでも入るようにしています。 販売は朝倉氏遺跡・西山公園水の駅・勝山道の駅:恐竜渓谷かつやま・ふくい南青山291で販売しています。

令和2年6月20日にオープンした勝山市道の駅で、越前和紙ファイルとブックカバーの委託販売を開始しました。お土産の食べ物系以外の販売箇所は狭く感じましたが、皆さんに見ていただいて興味を持ってもらえれば嬉しいなと思っています。

事業紹介ページに2019年の庭園整備工事実績を追加しました。実績先は5先で画像を紹介しています。 また、TOGO雑貨店には委託販売をしている、和紙バックとポストカードの画像を追加しました。

TOGO雑貨店で販売しているポストカードを紹介します。販売先は「一乗谷朝倉氏遺跡」(唐門スケッチ)、「道の駅西山公園」(ツツジ各種・冬景色各種・レッサーパンダ各種)の2先で、セット商品または、単品で、それぞれ限定販売しています。

道の駅西山公園での限定販売をしている、越前和紙のバック(袋)の3種類を紹介します。このバックは贈り物を入れる時や小物を整理する時など、ちょっとした活用ができます。見た目もエンボス加工をしているので、手触り感も良く和紙の丈夫さも感じられる商品です。大きさは縦:21cm、横:22cm、奥行き:11cmです。